歯の病気による口臭はどのように起こる?

歯の病気は口臭をきつくする大きな要因です。その口臭発生メカニズムについて解説します。
MENU

歯の病気による口臭発生メカニズムと対策とは?!

口臭を発している人の口

 

代表的な歯の病気といえば虫歯や歯周病(歯槽膿漏)ですが、
これらは単に本人の口内の痛みや歯の劣化等だけには留まらず、
周囲の人達に対しても影響を与えるときがあります。

 

それがそれら歯の病気に起因して引き起こされる口臭!
実はこれらの病気は強い口臭の原因となるのです。

 

当ページではこの歯の病気による口臭の発生メカニズムと
その対策について簡単にまとめています。

 

虫歯による口臭のメカニズムと対策

虫歯の人の歯

 

虫歯は子供から大人までかかっている人も
多い代表的な歯の病気です。

 

虫歯は痛みが激しくなってから歯医者にようやく
行く人が多いですが、痛みが出るよりも大分前に発症して
進行していることが多いです。

 

虫歯にかかると虫歯菌によって歯が侵食されて
歯に穴や歯間の隙間等がどんどんできてしまいます。

 

そういった隙間等には食事の残りカスや歯垢等が
たまりやすいのですが、普通に歯磨きしていても
なかなか落とし切れません。

 

そういったところに溜まった食べカス等を口内にいる嫌気性菌(悪玉菌)
が食べて、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドと
いった強い臭いをもつ揮発性硫黄化合物(VSC)を生成するのです。

 

これが虫歯による口臭発生の一連の流れです。
つまり、虫歯が進行するほど菌の餌は増えやすくなるので、
口臭が強くなる可能性が高いんです。

 

これを個人で対策するにはできるだけ歯磨きやうがい等
のオーラルケアをしっかりやって、
歯間等に食べカス等を残さないこと!
それが虫歯の進行を妨げることにもなります。

 

ただ、あまりにも虫歯が進行しているのであれば、
歯医者に行って、虫歯の治療を受けつつ、歯間等の
クリーニングをしてもらうのが良いでしょう。

 

歯周病による口臭のメカニズムと対策

歯周病の人の歯

 

歯周病にかかると歯周病菌によって歯が侵食されて
歯周ポケットと呼ばれる穴が作られます。

 

そして、虫歯と同様にここに溜まる食べカスと細菌
によってVSCが作られ、口臭が発生します。

 

また、歯周病が別名歯槽膿漏とも呼ばれます。
歯周病菌によって歯茎が侵食されると膿が排出されます。

 

この膿は強い臭いを発するため、
これも歯周病が作り出す口臭といえます。

 

個人でできる対策としては、
虫歯とほぼ同じで、口内のケアをしっかりやること!
そして、それだけでは難しいと感じたのであれば、
すぐに歯医者へ行かれることをオススメしたいです。

 

>>>旦那の口臭が臭い原因は一杯!適切な解決策まとめ

 

関連ページ

生理的口臭はなぜ起こる!考えられるワケとは?
生理的口臭とはどういったものを指すのか?その原因は?生理的口臭について解説します。
旦那の口臭がキツイときの上手な伝え方とは?!
旦那の口臭がきついときは結構あるもの!そんなおきの上手な旦那への伝え方を紹介します。
このページの先頭へ
FX会社選び